自己分析・業界企業研究・模擬面接・履歴書エントリーシート書き方・添削・就活相談/大学と企業の間を埋めるインフラ・社会と未来の入り口「キャリぷら」

キャリぷら大阪

月〜金10時〜19時、土10時〜17時(日祝休)

キャリぷらplus北海道

月〜金12時〜18時(土日祝休)

※予約不要

  1. 就活に効く対症療法と体質改善を
 

就活に効く対症療法と体質改善を

2015/10/30
こんにちは。べあぶろ中の人です。

本日の記事もモギ就での内容が少し書かれています。

日常で普通にやっていることが例に挙げられているので、
すごく分かりやすく書かれています。

私も一度たなべあーのモギ就に参加してみたいなぁ(;O;)


2013.10.18たなべあーFB投稿記事

東京着。

今朝の新幹線では、昨日からはじまったS大学モギ就について思いを巡らせていた。

現状を知る
やることを決める
実行する

モギ就初日のオリエンテーションでは、期間中体験を通じてやってほしいこととしてこの3つを挙げている。
たとえば今朝は寒い。
寒いと知らなければ、タンクトップを着て出かけて風邪をひくかもしれない。
寒いと知るから、長袖のシャツを着ていくことができる。

中には寒いと気づかなかった日のために、鞄にシャツを入れて持ち歩く人も出てくるかもしれない。

これらは「現状をきめて」「やることを決める」一例だ。

さらに現状にはもうひとつあって、それは自分に関する現状。
例えば、もともと身体が強くないとか、寝不足続きで疲れが溜まり抵抗力が落ちていると知っていれば、もう一枚インナーも着て行こうとなり「やること」は変わる。

また、もう少しロングスパンで「やること」を考えることもできる。

そもそも風邪をひきにくくするために、日頃から身体を鍛えておくとか、しっかりと睡眠をとるといったことがそれだ。

要するに一口に「やること」と言っても、対処療法と体質改善があるわけだ。

さらにはこれでわかった気にならずに、毎朝起きたら窓を開けるとか天気予報をみるとか、毎食野菜を食べるとかなるべくエスカレーターではなく階段を使うなど、具体的な行動を決めて日々実行するかどうかが肝になる。
就職活動を俯瞰して体験しながら、こんなことをあれやこれやと考えてもらい、日常に変化をもたらすための機会がモギ就だ。



よかったらいいね!やリツイートをよろしくお願いします(^^)vBy中の人

  • 街ナカの就活拠点を利用したい
  • どんな場所なのか見てみたい!
  • 他学校の就活生と話してみたい!
  • 模擬面接などを受けてみたい!

学生の利用には費用はかかりません。無料で利用できます。

ぴん!ときたら今すぐ利用登録!