自己分析・業界企業研究・模擬面接・履歴書エントリーシート書き方・添削・就活相談/大学と企業の間を埋めるインフラ・社会と未来の入り口「キャリぷら」

キャリぷら大阪

月〜金10時〜19時、土10時〜17時(日祝休)

キャリぷらplus北海道

月〜金12時〜18時(土日祝休)

※予約不要

  1. 他ならぬ自分の人生
 

他ならぬ自分の人生

2015/12/07
こんにちは。べあぶろ中の人です。

今日の記事は2017年の目標をたてるための参考になりそうです。

私は今だけを生きていて、先のこともあまり考えず、どういう人生を送りたいのか全くはっきりしていません。
だからなのか…道を見失ってばかりです(._.)

2017年は目標をしっかりたてて、少しでも早くなりたい自分に近づいていきたいです!!


2013.4.28たなべあーFB投稿記事

さて。

あと10年をかけてじっくり作っていく「もの」が見え、「とき」が来た。

いま、改めてその一歩を踏み出す決意を固めている。

途中、ときの流れに身を任せたり、馬鹿げた時間を過ごすことがあっても一向に構わない。

いや、構わないどころか有意義だ。

が、他ならぬ自分の人生だ。

自分が作らずして、誰がつくれるものか。

うっかりすることも怠け心が出ることもあるが、それが人間だし人間らしさだ。

ならば、しっかり道を見失わずにいつでも戻って来られるように、考えられるときにとことん自分で考えておくのが私の流儀だ。

ひょんなことがきっかけで、幼い頃からいつもそうしてきた。

このGWはそのために使う。

自分のこれから10年を見定めにいく。

何度も何度もそんなことを繰り返しやりながら、そうやってここまでやってきた。

10年のようなロングスパンで考えるときはアウトラインが全てだ。

ディテイルまでは詰めない。

なぜなら、ディテイルは変化する。

可変でなければ対応できない。

「今そこにある事実」と「実現したい未来」が、「今何をするか」という選択と行動を決めるためには重要な指標で、少なくとも「今そこにある事実」はその時々で移り変わる。

だから、ロングスパンで考えるときはアウトラインに終始する。
その代わりそこは徹底的に考え抜く。

とことんこだわる。

そうして決めたアウトラインには、自信と確信があるから途中でぶれない。

その方向性に関して、自ら全ての責任を負う覚悟も生まれる。

周りを巻き込む覚悟も然りだ。

まずは、、、

その辺の路上で日向ぼっこだ。

幸運なことにこの好天。

私はとても恵まれている。


よかったらいいね!やリツイートをよろしくお願いします(^^)vBy中の人

  • 街ナカの就活拠点を利用したい
  • どんな場所なのか見てみたい!
  • 他学校の就活生と話してみたい!
  • 模擬面接などを受けてみたい!

学生の利用には費用はかかりません。無料で利用できます。

ぴん!ときたら今すぐ利用登録!