自己分析・業界研究・企業研究・模擬面接・履歴書やエントリーシート作成・添削・就活に関する相談・・・学生が無料で利用できる街ナカのキャリアセンター「キャリぷら」

キャリぷら大阪/キャリぷら東京

月〜金10時〜19時、土10時〜17時(日祝休)

キャリぷらplus北海道

月〜金12時〜18時(土日祝休)

※予約不要

  1. 仕事は面白いの?面白くないの?
 

仕事は面白いの?面白くないの?

2017/07/31

こんにちは。二代目べあぶろ中の人です。

 

本日は3年前のキャリぷら卒業生に向けて書かれた記事をpick up!!

 

まだ「仕事」をしたことがない学生にとって、「仕事」へのイメージは様々だと思います。

どれだけ仕事の話を聞いていても、実際に社会人としてする仕事は自分がなってみないと分からないものだとも思います。

 

私はここ最近、たなべあーと話をしていて、

何をやるにも「覚悟」が大切であると学びました。

 

入社する企業で、頑張る!という「覚悟」

絶対に自分が任された仕事をきちんとこなすぞ!という「覚悟」などなど。

 

「覚悟」を決めると、仕事のリアルに直面して、自分の想像していたことと異なっていたとしても、ある程度のことなら乗り越えていけるのではないかと思います。

 

そして、今回のたなべあーの記事にも書かれているように、

「仕事自体はただの仕事、そこにあるのはおもしろいわけでも、おもしろくないわけでもない、ただの仕事」

「おもしろい仕事になるか、おもしろくない仕事になるかは、自分の捉え方と取り組み方次第」なのです。

 

私は「どんな仕事でも自分でおもしろくする」という覚悟を持とうと思います。

たなべあーの日記(2014.3.10FB投稿記事より)

 

キャリぷら卒業式に参加できた学生はじめ、キャリぷらを利用したことのある14卒学生に向けてメッセージ。

 

長文です。

 

仕事なんかおもろないし、大変やし、しんどいし、苦しいもんやねん。

 

と、今日のキャリぷら卒業式で私は言った。

わざと言い過ぎなくらいの口調で、あえてそう言い切った。

 

言わずもがな、仕事がおもしろくないなどという意味ではない。

 

言いたかったのは、「おもしろい」仕事とか、「おもしろくない」仕事があるわけではないということ。

 

仕事自体はただの仕事、そこにあるのは「おもしろい」わけでも、「おもしろくない」わけでもない、ただの仕事だということだ。

 

それを「おもしろく」やるも、「おもしろくなく」やるも、その仕事をする人次第だということだ。

 

「おもしろい」仕事になるか、「おもしろくない」仕事になるかは、自分の捉え方と取り組み方次第で決まる。

 

だからそれ次第では、仕事はめちゃくちゃおもしろくもなる。そう、仕事はめちゃくちゃおもしろい。そのことは、決して忘れないでほしい。

 

ただ、仕事をするうえでは、様々な困難に遭遇する。当然、何もかもうまくいくわけじゃない。

 

むしろ、うまくいかないほうが多いかもしれない。

 

当たり前だ。仕事は自己実現の場でもないし、自分の夢を叶える場でもないからだ。

いや、正確に言えば、自己実現の場にもなり得るし、自分の夢を叶える場にもなり得る、かもしれない。

しかし、会社はそのために仕事を用意しているわけではないし、そのために人を雇うわけではない。

会社が求める働きをしてほしいから、そこに費用を割いてまでして人を雇うのだ。

つまり、社員がしたい仕事をさせるわけじゃなくて、会社がしてほしい仕事をさせるわけだ。

それひとつとってもミスマッチは起きる。

 

そしてそれ以外にも、自分の能力と求められる成果のミスマッチ、周囲の人間と自分の価値観や考え方のミスマッチ、自分が望む上司との関係と上司の指示の出し方のミスマッチ、ミスマッチ、ミスマッチ…ミスマッチの要因など数え上げればきりがないほど山のように存在する。

 

その仕事のリアルに直面して、「自分とは合わない」とか、「思っていた仕事、職場と違う」とか、「向いてる仕事がしたい」などと考えて、まだ何もしないうちから辞めてしまう状況を危惧している。

 

卒業に際して、私はそのことが言いたかった。

 

むろん、本当に辞めたほうがいいこともあるだろう。

しかし、多くの場合、ここに書いたような事実を認識できる機会に恵まれなかったことや、その先に成長があることを知らなかっただけではないか、と感じる部分があるのも事実だ。

 

先に挙げたような多くのミスマッチも含めて、仕事をしていくうえで出くわす困難と向き合い、その原因を自分の未熟さゆえと考えることで自らを成長させ乗り越えていくことは、これはもう年齢を問わず有益だ。

 

しかし、新社会人はじめ若手社会人にとっては、この選択肢は特に有益だと私は思う。

 

なぜなら、歳をとればとるほどそれをすることの難易度は上がる、つまり今が一番取り組みやすい時期ということができるからだ。

 

社会の荒波に漕ぎ出すキャリぷらの学生たちが、自らを成長させることでその波を乗り切り、「おもしろい」仕事を手にしてくれることを祈っている。

 

キャリぷら2期14卒のみんな。

 

卒業おめでとう。

 

  • 街ナカの就活拠点を利用したい
  • どんな場所なのか見てみたい!
  • 他学校の就活生と話してみたい!
  • 模擬面接などを受けてみたい!

学生の利用には費用はかかりません。無料で利用できます。

ぴん!ときたら今すぐ利用登録!