自己分析・業界企業研究・模擬面接・履歴書エントリーシート書き方・添削・就活相談/大学と企業の間を埋めるインフラ・社会と未来の入り口「キャリぷら」

キャリぷら大阪

月〜金10時〜19時、土10時〜17時(日祝休)

キャリぷらplus北海道

月〜金12時〜18時(土日祝休)

※予約不要

  1. 社会貢献団体の自立自走責任?w
 

社会貢献団体の自立自走責任?w

2017/09/24

 

おはようございます。

久々のたなべあー本人投稿でございます。

うちの会社が、

「最近いきいきと躍動してる感」

がありまして。

 

いきいきと躍動してるというのは、

もちろん仕事は激務ですし大変なんですが、

それでも笑いながらやれてるというか、

それを全員同じ方向向いてやれてるというか、

とにかく楽しくやってます。

 

そのことをフェイスブックに投稿しようかと、

文章書いてるうちに長くなりまして。笑

 

せっかくなんでブログに書くことにしました。

 

本文の要点は、

・今うちの会社おもろい

・これまで壮絶な時期もあった

・この先もっとおもろなる

なんですが、途中、

うちの会社の特異性を解明するような、

そんな内容も含まれています。

前からずっと思ってたことなんですが、

それを少し言語化してみました。

 

それにしてもうちの会社、

いったいなんと呼べばいいんでしょうかね?

さて、ここから本題

うちの会社の働き方、

なかなかおもろいんちゃうかと最近思う。

ま、それもそのはず。

じゃないと困る。

そもそも私は、

仕事が最高におもろいと感じながら働いてた、

当時大好きだった会社を辞めてまで起業した。

だから、もっとおもろい会社をつくりたい。

おもろい働き方を模索して実現したい。

 

個人的には、

自分がやりたいと思う領域で、

解決したいと思う社会課題を、

他とは違うこだわりのやり方で、

解決していける仕事がしたい。

それができなきゃ意味がない。

これがA面。

 

加えて、

それを一緒におもしろがってくれる、

共に働いてくれる仲間にとっても、

おもろいやんけ働きやすいやんけと、

嬉々として働き続けられる環境をつくりたい。

でないと会社も事業も長期的には成り立たない。

成り立たなけりゃ結局のところ意味がない。

これがB面。

 

両面しっかり揃ったおもろい会社をつくりたい。

少しずつ、少しずつだが、

最近今までよりもそれができてきた。

 

これまでひたすら場をつくって、

場をつくって、場をつくって、場をつくって、

そこに仕組みをつくって、

仕組みをつくって、仕組みをつくって、

トライアンドエラーを繰り返して、

トライアンドエラーを繰り返して、

トライアンドエラーを繰り返して、

事業のカタチをつくってきた。

A面に関して決してブレることなく、

B面はその局面ごとに最善を尽くして、

とにかく必死でやってきた。

 

A面を徹底すればするほどB面は厳しかった。

ゼロからイチの取組みというのは、

言うまでもなくそれなりに壮絶で、

そんな過酷な環境下で最善を尽くしたとしても、

その最善がすでに相当過酷だからだ。

そこを何度も超えてきた。

何度も。何度も。何度も。

 

超えられなかった仲間も大勢いて、

それは本当にその都度残念だったけど、

1人になるたび全重量を背中に背負って、

どうすることもなくたたずむしかなかった。

結果、会社をなんとか潰さず、

ここまで運んで連れてこれた。

 

なぜそれができたかというと、

A面とB面その両面が揃ったおもろい会社を、

どうしても私はつくりたかった。

全員で笑いながらおもしろがりながら、

必死で課題解決にあたる会社をつくって、

そこで楽しく働きたかったからだ。

 

一年のうち半年間は徹底的に学生の相談に乗って、

ひたすら「場」をつくりデザインする。

残りの半年間でサービスを企画してカタチにし、

学生に見せたい企業を選んで営業する。

その中身はある意味で、

半面が社会貢献活動で半面がビジネスだ。

 

どういうことか?
少し横道にそれてそれを説明したい。

企業の社会的責任(CSR)という言葉がある。

営利を追求する企業がその事業活動を通じて、

ボランタリーに社会貢献する活動がCSRだ。

だけど、うちの場合はそれではない。

「大学と企業の間になにかがいる」

「学生と社会の間の乖離を埋めるなにかがいる」
そう考えその「間」にインフラをつくってる。

ボランタリーにつくってる。
そう。
キャリぷらは社会インフラなのだ。

社会課題の解決を目的に運営している。
そのキャリぷらを運営するために、
株式会社日本キャリアセンターはできた。

普通はNPOとか一般社団法人とかにするのに、

私はボランティアをやるために会社を作った。

成り立ち含めその存在自体が非常に不思議。
当社の活動はさっき述べたCSRの実は真逆で、

公益を追求する企業が、

(この時点でおかしいw)

その社会貢献活動を通じて、

営利活動を生み出しながら自走してる。

そんな不思議で無理のある(?)企業だ。
しかし、7年かけてその無理と向き合い、

転じてそれをビジネスに変えてきた。
だからおもろい。

 

今これをみんなで寄ってたかってやってる。

最近のうちの働き方がおもろいなーと思って、

なんとなく書きはじめたらえらく長くなった。

 

世間の働き方改革とうちのそれは、

被る部分もあるし反する部分もある。

しかし、ある意味当社も働き方改革の真っ只中で、

ちょっと時流に乗ってるやんかと最近思っている。

そしてここからが本当におもろいんちゃうか、
という予感に満ちた環境ではたらいてる。

感謝している。

すべてに。

関わったすべての人々に。


この会社を、
もっともっとおもろい会社にしていくことで、

いただいたご恩を返していきたい。

  • 街ナカの就活拠点を利用したい
  • どんな場所なのか見てみたい!
  • 他学校の就活生と話してみたい!
  • 模擬面接などを受けてみたい!

学生の利用には費用はかかりません。無料で利用できます。

ぴん!ときたら今すぐ利用登録!